NRIサイバーパテント

社長コラム

第15回 創立15周年(PR)

 おかげ様で2016年7月に会社創立15周年を迎えることができました。これもひとえに皆様のご支援があっての賜物と心より感謝申し上げます。

弊社の柱事業であるインターネット特許情報サービス「NRIサイバーパテントデスク」は、株式会社野村総合研究所(NRI)の社内ベンチャー制度を活用し1996年に誕生しました。この事業をNRIから切り離し2001年7月にNRIの出資によってNRIサイバーパテント株式会社を設立しました。
 2005年8月にテキストマイニングによる特許分析ツール「TRUE TELLER パテントポートフォリオ」を販売開始し、2012年10月にインフォコム株式会社から知財管理システム「TOPAM」の事業を譲り受け、情報・分析・管理といった知財分野の三大ソリューションを一括して提供できるようになりました。
 その後も、タイムスタンプサービス「Cyber Date Stamp」や、事務所向け管理システム「NAVI OFFICER/N」を販売し、事業を拡大してきました。

2016年度は、創立15周年として社内の記念行事も多数開催しました。海賊船でのクルーズ、キッチンスタジオ体験、そして社員の子供たちを招いた「ふぁみりー会社訪問」などを開催しました。雰囲気をお伝えできないのが残念ですが、各イベントとも大変盛り上がりました。
 もちろん、社外に対しても例年行っているセミナー開催や特許情報フェアへの出展の他、「NRI-CP通信」による情報発信や、日本弁理士会の単位認定セミナーなどを積極的に展開しました。
 また、2016年度(2017年3月決算)は、コンピュータセンターを横浜から東京に移転し基盤刷新など社内では大きなチャレンジを行いました。各事業も順調で充実した一年になりました。

そして、弊社のお客様に対するモットーとしてニュースリリースなどの公の場で用いてきた「Full Support Partner」について、2016年に商標登録をしました。

Full Support Partner

この標語には様々な思いが込められています。その一つに、会社のめざす方向性があります。情報・分析・管理の三大ソリューションのラインナップが整いましたので、これらを更に深く連係させることによって付加価値の高いサービスを提供し、お客様から「よきパートナー」として認めていただくことです。
 また、2017年4月から中部営業所を開設します。インターネットによる繋がりのみならず、人と人とのコミュニケーションも大切にして、お客様への迅速な対応や密な連絡を図って行きます。  2017年度も引き続き従業員一丸となり、皆様の知財業務のフルサポートパートナーとして邁進します。引き続き、よろしくお願いいたします。

NRIサイバーパテント株式会社 高野誠司