NRIサイバーパテント

CyberPatent Deskサイバーパテントデスク

知的財産情報サービス

世界約100の国と機関の知財情報を収録。AIを活用した検索機能や
多彩な表示などにより特許調査業務の効率化・高度化を支援します。

ソリューション概念図

機能・特長

最先端の検索エンジンを搭載した充実の検索機能

企業のグローバルな戦略に対応した
豊富なコンテンツ

日本(JP)、アメリカ(US)、欧州(EP)、国際公開(WO)、中国(CN)など、各国の特許をはじめとする知財情報を収録。欧州特許庁が提供する「DOCDB」やパテントファミリー情報に加え、INPADOCのリーガルステータス情報や「USPAIR」情報も合わせて収録し、グローバルな視野での調査が可能です。収録情報の詳細は、下記「データ収録範囲」ボタンよりご確認ください。

データ収録範囲

多彩な検索項目を組み合わせて調査可能な
複合検索(キーワード検索)

日本と海外でインターフェースを統一し、同様の操作でご利用いただけるキーワード入力型の検索です。日本の検索では生死情報や、被引用文献数などの審査経過情報、PATOLIS抄録を利用して重要特許を抽出することが可能です。
海外の特許検索では、複数の国を横断した検索が可能です。「DOCDB」検索では、世界約100ヶ国の特許を対象に検索が可能です。
入力ガイドや特許分類サーチをはじめとする入力支援機能も標準提供しているので、初めての方でも安心してご利用いただけます。

複合検索(キーワード検索)

AIを活用した検索キーワードの入力支援
連想語サジェスト機能

「CyberPatent Desk」に収録した全文献をAIで事前解析した結果をもとに、指定したキーワードから連想されるキーワードを表示し、マウス操作のみで簡単に検索ボックスに入力できます。会社ごとに少しずつ表現が異なる場合でも、この機能によってキーワードを網羅的に検索式に反映することができます。

AIを活用した様々な検索

AIを活用し、文章から類似特許を探し出す
概念検索

入力した文章に対して、概念的に近い公報をスコア順に表示します。特定の特許を指定し、それに類似した特許を検索することも可能です。AIを活用して「単語の出現頻度」「出現回数」「単語間の関連性」を事前学習させることにより、関連する文献が「より上位に」「より多く」入るようになりました。

概念検索

新着公報を自動抽出・メール配信する
SDI検索

新着公報を対象に、予め登録した検索式で自動検索を行い、結果をメールで通知します。海外特許(US/EP/WO/CN)のSDIは、複数の国を横断した検索が可能です。また、経過SDIでは、予め出願番号を登録しておくと、審査経過情報(整理標準化データ)が更新された際に結果をメールで通知します。出願の分割や延長などが生じた場合にもアラートが可能です。

日本企業の国際出願をいち早くキャッチ
再公表早期サービス

WIPOから発行される国際公開のうち、公開言語が日本語、または出願人の住所が日本である出願を抽出し、日本特許と一緒に日本語で検索できます。また、日本への移行状況も確認可能です。

再公表早期サービス

効率的な業務を実現する多彩な表示機能

豊富な情報を分かりやすく表示

書誌事項をはじめ、要約、クレーム、代表図、審査経過情報、引用・被引用情報やパテントファミリー等を自在に一覧表示できます。公報全文・抄録は雑誌のようなレイアウトでページをめくるように確認できます。また、審査経過情報はフローチャートで見やすく、検索結果グラフ表示、引用マップも引用種別ごとに色分けするなど、分かりやすいビジュアル表示を実現しています。

全文めくり

全文めくり

一覧表示

一覧表示

経過フロー

経過フローめくり

引用マップ

引用マップ

検索結果集計

検索結果集計

可視化により効率的な調査を支援する集計機能

検索結果を手軽にランキング表示

検索結果から項目を指定するだけの簡単な操作で、ランキング表示ができます。「出願年*出願人」といった2軸表示も可能です。また、集計結果の件数から1クリックで一覧表示も可能なため、気になる項目の集合から確認するなど、効率的に公報を閲覧していただけます。

検索結果集計

テキストマイニングでマクロな視点で技術動向を把握

数万件のデータ(特許・論文)を最先端のテキストマイニング技術で解析し、技術動向や知財ポートフォリオを可視化から分析結果の2次活用(査読、共有、データ出力)までをワンストップでサポートします。

詳しくはこちらから

テキストマイニング

知財部や全社など、複数人での調査業務を効率化する機能

情報共有機能

特許調査の過程や検索結果、独自の分類・評価情報などを「CyberPatent Desk」内で共有することで、調査の効率化・知財情報の集約・活用を支援します。日本特許に加え、海外特許にも対応しており、ビジネスのグローバル化にあわせてご活用いただけます。

調査結果に独自情報を付与して共有・活用

「社内分類・評価情報」機能では、独自の分類、評価やコメントを、公報や図面を確認しながら付与することが可能。付与した情報は、検索への利用・閲覧など、様々なシーンでご活用いただけます。

公報の確認依頼業務を効率化

「ワークフローSDI機能」では、公報の一括配信や多段階配信、進捗管理をワークフローにて行うことにより、紙での回覧・メールでの依頼・確認といった業務を効率化いたします。

業務依頼や検索式の共有もシステム上で実施

検索式や検索結果を指定した組織に所属するメンバー間での共有が可能。「スクリーニング」などの個別業務を任意のユーザーに依頼することができます。

各種コンテンツにワンクリックでアクセス

ファイルや社内システムなどに作成したリンクからID・パスワードの入力なしで「CyberPatent Desk」の公報や経過情報を閲覧することができます。

その他サービス

デリバリーサービス

公報、包袋書類、翻訳データを、電子メール、郵送、FAXにてお届けするサービスです。料金、納期、商品に関する詳細は、下記「商品内容・発送日・料金」ボタンよりご確認ください。

商品内容・発送日・料金

インターネット特許講座

研究者や技術者を主な対象に、知財の基礎、明細書の書き方、知財戦略などを学べる教育講座です。20近い講座があり、各講座とも50〜60ページのコンテンツで構成されています。一般のホームページを見るように、気軽に知的財産についての知識を学習できます。

インターネット特許講座について

CyberPatent Linkを使った
様々な連係

各種コンテンツ連係

「CyberPatent Topam」「NAVI OFFICER /N」の案件データに記載した公報番号をクリックすると「CyberPatent Desk」の公報データを表示。わざわざデータベースを見に行くことなく、知りたい情報に直接リンクすることができます。

審査経過データ連係

「CyberPatent Topam」「NAVI OFFICER /N」に登録した案件の審査経過情報(整理標準化データ)を「CyberPatent Desk」から自動的に取得して取込。自社案件のデータ照合や注目する他社特許のステータス変化の察知に役立ちます。

活用事例

  • Case 1知財担当者から技術者、
    開発者まで幅広いニーズに

    知財部門だけではなく研究・開発部門の方にもIDを配布し活用いただいています。「CyberPatent Desk」は、知的財産の専門知識がなくても、見やすく使いやすく設計されているので、研究者・開発者が自ら先行技術調査などを行っています。

  • Case 2特許情報の社内共有・
    蓄積を効率的に

    柔軟に構築できるワークフロー機能を使い、SDI、他社特許のウォッチングを組織的に実施。また、独自の分類体系や評価軸を設定し、社内で閲覧、分類やコメント情報を付与。検索、調査から閲覧、情報の共有・蓄積までをワンストップで行うことができます。

  • Case 3知財戦略、開発戦略の
    構築に

    自社、または他社の出願・保有する知的財産情報を検索、管理、分析することで、競争力を評価したり出願戦略や開発戦略に役立てることも可能です。検索結果を元に集計・分析機能を利用して可視化することで知財部門以外の方にもよりわかりやすく伝えることができます。

その他の機能

  • 知的財産分析サービス

    CyberPatent Desk テキストマイニング(旧 TRUE TELLER パテントポートフォリオ)

  • タイムスタンプサービス

    CyberPatent Desk Cyber Date Stampサイバーデートスタンプ

サポート

  • 無料説明会や操作体験会を実施

    導入をご検討中のお客様やユーザーの皆様に向けて、体験会・説明会やセミナーなどのイベントを随時開催しています。

  • カスタマーサポートセンター

    サービスの使用方法や機能についてのご質問、活用方法など、お電話・メールのお問い合わせに迅速・丁寧にご対応します。お気軽にお問い合わせください。

  • オンラインマニュアル

    サービスの使い方に関する疑問は、画面ごとに用意してあるオンラインマニュアルで解決することができます。

プラン紹介

  • 1ID単位でのご契約「eプラン」

    基本セットに追加セットを組み合わせてご利用可能

  • 企業単位・部門単位でのご契約プラン「法人パック」

    規模や運用形態に合わせたオプション機能、プランを選択可能

CyberPatent Desk「eプラン」料金表(法人パックの料金については、 別途お問い合わせください。)

ご試用版IDのお申し込み

「CyberPatent Desk」のご導入を検討いただく方向けに、無料でお試しいただけるIDを発行いたします。
ご希望の方は以下「入力フォーム」ボタンよりお申し込みください。

CyberPatentについてもっと知りたい方は

製品についての詳細な情報や、
活用のご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

その他ソリューション

  • 企業向け知的財産管理システム

    CyberPatent Topamサイバーパテントトパム

  • 特許事務所向け
    知的財産管理システム

    NAVI OFFICER /Nナビオフィサーエヌ